PR

よりナチュラルな誘い ジャックハンマー ステルスブレード

LURE

最近かなり雨が続いていますね。

この雨でバスたちの季節も変わりそうな気配ですね。

秋なると使いたくなるマキモノですが

今回はエバーグリーンのジャックハンマー ステルスブレードを紹介します。

スポンサーリンク

スペック

  • 重量  :10g、14g
  • カラー :7色

ウェイトは10gと14gの2種類があり

両ウェイト共にカラーは7種類で全て同一のカラーです。

ステルスブレードの特徴は名前の通り

ポリカーボネートで作られた透明のブレードですね。

オリジナルのジャックハンマーと素材自体が異なり

サイズはオリジナルよりも小ぶりなものが付いており

使用時のブレードとヘッドの出す音も低く小さめです。

使用されているフックもオリジナルとは少し異なり

デコイのフッ素コートがされている専用フックが採用されています。

フッ素コートがされているとソルト入りのワームを

トレーラーに使用しても錆びにくいのでありがたいですね。

フッ素コートフックの場合トレーラーワームのズレやすさが懸念されますが

ダブルワイヤーキーパーが採用されており非常にズレにくいです。

遠投するためにかなり強めにキャストを行いましたが

トレーラーワームがズレてしまうようなことはありませんでした。

必要に応じてトレーラーキーパーを使えばズレの心配はほぼないと思います。

使用感

今回私が購入したのは10gのモデルでトレーラーに

SAWAMURAのワンナップシャッド6インチを

先端を少しカットして使用しています。

キャスト

トレーラーワームの重量もあり非常によく飛び

空気抵抗も少なくアキュラシーも非常にいいです。

使用するトレーラーワームが水を受け流す形状であれば

スキッピングも問題なく行えると感じています。

アクション

今まで使用してきたブレーデッドジグと異なり

採用されているブレードのサイズがオリジナルより小型なので

ピッチも小さく巻きの感じは非常に軽いので

リトリーブスピードの調整がしやすい印象です。

調整がしやすい反面、リトリーブスピードを意識しないと

速度が安定せずリトリーブレンジもバラつく可能性が高くなります。

しっかりと自分が使い慣れたタックルを使用することで

動きの感覚がつかめてリトリーブスピードの一定化が図れると感じました。

ブレードが透明で小さくアクションも控えめなので

金属ブレードのブレーデッドジグだとアピールが大きすぎる時や

水質が比較的クリアなフィールドで活躍してくれそうな印象ですね。

さいごに

透明なブレードを持ったブレーデッドジグは珍しく日本国内だと

ジャックハンマーステルスブレードとOPSのブレードジグの2つかと思います。

ブレーデッドジグは使ってみたいけれど小規模のフィールドで

金属ブレードタイプだとアピールが強すぎてしまうような悩みを持った方は

ナチュラルな誘いができるジャックハンマーステルスブレードを使ってみてほしいですね。

エバーグリーン(EVERGREEN) ジャックハンマーSB 1/2oz #27 チャートシャッド

価格:1,040円
(2022/9/8 21:36時点)
感想(0件)

LURE
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました