PR

スイミング特化のロングスカートラバージグ RC フラットバックジグ

LURE

depsとロデオクラフトがコラボしたラバージグ

RC フラットバックジグを紹介します。

スポンサーリンク

スペック

  • 重量 :3/8oz、1/2oz
  • カラー:5種類

ウェイトは3/8ozと1/2ozの2種類となっており

私が購入したのはすべて1/2ozのモデルになります。

カラーは5種類で

  • ブラック/ブラウン
  • ブラック
  • グリーンパンプキン
  • ホワイト
  • ブラウン/プロブルー

以上のラインナップになっています。


ロデオクラフト(Rodiocraft) 【ロデオ×deps】RCフラットバックジグ 1/2oz #04ホワイト

細くて長いラバーが特徴

RCフラットバックジグの特徴はなんといっても

2段階になった非常に長いスカートですね。

また、スカートが1本1本が細めで僅かな水流でも

揺らめくように考えられていそうです。

ブラック/ブラウンのカラーは1段目の短いスカートと

2段目の長いスカートで色が異なっていたりします。

トレーラーはボリューム(長さ)があるものを

このラバージグに組み合わせるトレーラーワームに関してですが

最大限スカートを活かしたい場合には最低でも4.5インチクラス

可能であれば5~7インチの長さがあるワームをオススメします。

私が組み合わせているトレーラー

参考程度に私が実際に組み合わせている

トレーラーワームをいくつか紹介します。

  • FGダディ
  • フレックスチャンク ラージ
  • デスアダー 6インチ
  • シザード
  • ビッグエスケープツイン

FGダディ

ノリーズから発売されているFGダディです。

長さは4.3インチとおすすめサイズよりかなり小さいのですが

FGダディはかなりマテリアルが固く裂けにくいため

フックへの通しを最小限に抑えることで短さをカバーしています。

また横幅もしっかりあり水押しが強くなる印象ですね。

フレックスチャンク ラージ

次はケイテックから発売されているフレックスチャンクラージです。

長さは4.5インチでしっかりとフック奥まで通し刺しすると

スカートのほうが長く、トレーラーが目立ちにくくなりますが

FGダディと同様にヘッド先端側まで通さないことで

トレーラーを後方にずらしてスカートより少し出る形に調整可能です。

また、必要に応じてスカートの長さを少し調整すれば

トレーラーワームを目立ちやすくすることも可能ですね。


ケイテック(Keitech) フレックスチャンク ラージ #001 ブラック

デスアダー 6インチ

depsから発売されているデスアダーの6インチモデルです。

6インチの長さがあるとヘッド先端までしっかり刺しても

テールがスカートよりも長く非常にバランス感がいいですね。

サイズも6インチ以上であれば長さを調整することもできるが

またデスアダーシリーズはノンソルトモデルもあるので

ラバージグでよくあるフックが錆びることを軽減できます。


デプス(deps) ワーム デスアダー 6インチ ナチュラルプロブルー #10

シザード

次に紹介するのはジャッカルのシザードです。

7インチというサイズがスカートが非常に長い

RCフラットバックジグにピッタリですね。

シザードはテールのグラブ部分が横を向いているのですが

私はトレーラーにして使う場合は横倒しにすることで

グラブ部分が縦になるようにして使用しています。

これに関しては使用者の感覚によるので色々試していただきたいですね。

先端側をカットすることで長さの調整もできるので

個人的には非常にオススメのワームです。

ですが、シザードはたしかもう販売されていなかった気がするので

興味がある方は中古ショップやフリマアプリで探してみてください。

ビッグエスケープツイン

最後に紹介するのはノリーズのビッグエスケープツインです。

オリジナルサイズのエスケープツインでも問題はありませんが

ラバージグのボリュームを活かしながら大きなシルエットを演出するなら

やはりビッグエスケープツインがおすすめですね。

注意する点としてはフックに刺さる部分よりも重心が外側に集中するので

フルキャストを連続しているとワームに負荷がかかり

ちぎれてしまう可能性が高まってしまうことでしょうか。

トレーラーキーパーなど使えば破損を抑えられるのですが

エスケープツインシリーズは胴のシルエットが非常に細く

あまり大きすぎるキーパーは使えないので注意が必要ですね。


ノリーズ(NORIES) ワーム ビックエスケープ ツイン 5インチ 122mm ライトグリーンパンプキン ブルーFlk. #317 9603

スカートの調整は程々に

ラバージグの醍醐味と言っても過言ではないスカートの調整ですが

このラバージグに関してはあまりカットしすぎてしまうと

特徴である長いスカートが普通の長さになってしまうので

カットする場合は全体をばっさりカットするのではなく

梳くようなカットで所々短くして長い部分を残すのがオススメです。

さいごに

今回はdepsとロデオクラフトがコラボしたルアー

RC フラットバックジグを紹介しました。

スイミングに特化したスリムなヘッドや

スリムで長いスカートが装着された特徴的なラバージグです。

個人的にはすり抜け重視のヘッド形状を見て

スイミングだけでなくカバーの奥へと送り込んで

ゆっくりアクションさせて長いラバーを揺らめかせて

バスへアピールして使うことも多くあります。

みなさんもロングスカートのラバージグに興味がありましたら

是非一度使ってみていただきたいですね。


deps×Rodiocraft RCフラットバックジグ 1/2oz #04ホワイト
LURE
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました