PR

2023年版 アウトドアにピッタリ 気になる軽自動車

CAR

2023年の東京オートサロンや大阪オートメッセが落ち着いて

今年発売される車とかも色々発表されましたね。

いま気になるアウトドア&釣りに合いそうな車(軽自動車のみ)を紹介します。

スポンサーリンク

気になる車4選

  • 三菱 デリカミニ
  • ホンダ N-BOX
  • スズキ エブリィワゴン
  • ダイハツ アトレー

三菱 デリカミニ

出典:三菱 デリカミニ

こちらは今年発表された車ですね。

三菱のアウトドア特化車両のデリカシリーズ

このシリーズに軽車両モデルが追加されました。

フロントマスクは大きな半円形ライトが印象的です。

出典:三菱 デリカミニ

室内も結構広そうな作りになっていそうですね。

流行りのフローティングタイプのカーナビや

ディスプレイオーディオも自由度のある設置が出来そうです。

出典:三菱 デリカミニ

セカンドシートも足元が広く作られている印象でいいですね。

やはり釣りやキャンプをするとなるとシートを倒した時に

どれくらい積載スペースが広がるかも気になります。

デリカミニは2023年5月に発売されるとのことで

それまでに更に情報が出てくると思うので要チェックですね。

ホンダ NーBOX

出典:ホンダ N-BOX

高い認知度のホンダNシリーズのハイトワゴン

現行は2代目でモデルチェンジ後も根強い人気の車種ですね。

今まで詳しく見たことなかったのですが

セカンドシートの可動域が非常に広くて

シートアレンジの自由度がかなり高い印象です。

出典:ホンダ N-BOX

既に初代から10年以上経っていることもあり

サードパーティ製カスタムパーツの豊富さは大きなポイントです。

アウトドアメインカスタムや釣りメインカスタムでも

あると非常に便利なベッドキットなども探せばすぐに出てくるので

自分の好みのデザインにしやすいというのはやはり楽しいですね。

スズキ エブリィワゴン

出典:スズキ エブリィワゴン

こちらもモデルチェンジされて更に人気になった車種ですね。

エブリィワゴンもセカンドシートがスライドできるので

人が座る場合や荷物を載せる場合で幅を調整できるのは嬉しいです。

出典:スズキ エブリィワゴン

最近採用されている車が多いユーティリティナットやラゲッジボードステー

オプションパーツが付けやすくなりカスタムの幅が広がりますね。

ラゲッジトノボードを装着する事で収納スペースを2段に出来るのは

アウトドアをする人にとってはかなり大きなポイントだと思います。

出典:スズキ エブリィワゴン

マルチルーフバーでロッドホルダーが装着可能になるのも

釣り人としては正直めちゃくちゃ嬉しいですよね。

ルーフ部分にロッドを載せられるというのは

外から車内を覗き込んだ際、ロッドが視界に入りにくくなり

盗難される可能性が多少なりとも下げられると思っています。

ダイハツ アトレー

出典:ダイハツ アトレー

こちらもモデルチェンジしてサイズが大きくなったことで

前モデルを超える注目度になっている車種ですね。

ジャンルとしては軽自動車ではなく商用車になっているので

先に紹介した車種と異なり居住性より積載性を重視しています。

出典:ダイハツ アトレー

そのため、セカンドシートはスライドせず固定位置ですが

後ろの積載スペースは抜きん出る広さを有していますね。

またセカンドシートは格納する事で更に積載スペースを広げられます。

さいごに

最近はハイトワゴンからスーパーハイトワゴンと呼ばれるようになった軽自動車

上限ギリギリまで車体サイズを大きくして車内スペースを確保されていますね。

おかげで軽自動車でありながら収納スペースが大きく

CAR
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました