PR

マイカー紹介 トヨタ ハイエース 200系 6型

CAR

以前紹介した愛車のハイエースとお別れをしてはや3ヶ月経ちましたが

ついに新しい愛車が納車されたので今回紹介させてもらいます。

スポンサーリンク

やはりハイエース

タイトルにもある通り今回もトヨタ ハイエースを選択しました。

やはり沢山の荷物を積める点や、運転し慣れた形であるのも大きなポイントですね。

エンジンは4型の時と同じディーゼルエンジンを選択しています。

前回のハイエースと異なる点は4WDではなくFRである点です。

エンジンが変わった

4型のハイエースは3リッターのディーゼルエンジンでしたが

6型にはエンジンはランドクルーザープラドにも採用されている

2.8リッターのディーゼルエンジンが搭載されています。

4型との比較だと、6型は停止状態からの出足が非常に軽快な印象です。

初めて運転した時、今までの4型を運転する感覚のアクセルワークをしたら

体がシートに張り付くような感覚があるくらい鋭い加速をしました。

運転に慣れた今では、アクセル開度が少なく軽快な走りをしてくれるので

街乗り・高速ともに運転時の楽さが全然違ってきますね。

静音性が高くなった

6型は停止時はもちろん走行時の音も非常に静かになりました。

4型では4WD、今回の6型ではFRという駆動の違いもあるかと思いますが

エンジン始動時・アイドリング時・走行時、全てにおいて静かになっています。

特に走行時に関しては、高速走行時はどうしても回転数が上がってしまうので

ディーゼルエンジンにとっては苦手な部分になっていたのですが

4速ミッションから、6型には6速ミッションが採用されているので

高速走行時でも回転数が上がりにくく最も静音性の向上を体感出来たポイントです。

また、運転席側と助手席側共にドアのデッドニングを行っているので

更に静音性が上がっているのではないかと思います。

通常時はもちろん釣行時も助かる装備

以前のハイエース購入時にはまだ存在していなかったのですが

この数年で開発された釣行時絶対に助かる装備

ホワイトとオレンジで切り替えができるデュアルカラーフォグランプを導入しました。

街中や高速走行でも急な雨の時フォグランプが活躍してくれるのですが

釣りに行く際、山の中を走行していると街灯がとても少なく

雨が降っていなくてもいきなり霧が出てきたりすることが多くあります。

そのため、晴れている時には道の状況をよく把握するためにホワイトのランプを使用し

急に出てきた霧や雨の際は、オレンジのランプに切り替えることで安心して走行することが出来ます。

デュアルカラーフォグランプに関しては本当に便利な装備なので

霧が多く発生してしまう道をよく走る方には是非おすすめしたいアイテムですね。

これからも色々なところへ

2台連続でハイエースを選択することになりました。

それだけ、ハイエースは本当に自分に合っている車なのかなと思います。

外装は所々変更が行われていますが、内装は大きく変更されていないので

前のハイエースで使用していたロッドホルダーやベッドキットも使える点もいいですね。

納車されてからすぐに釣りに行ける状態に出来たので

これからも沢山のフィールドに釣りに行けるかなと思います。

CAR
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました