PR

写真が楽しくなる XPERIA 1 II カメラ性能

GADGET

ブログを更新する上でやはり大切なのが”写真”ですね。

昔、デジカメを持っていた時期もあったのですが

携帯カメラの性能が上がり始めてデジカメは持たなくなりました。

XPERIA 1 IIのカメラは今まで使用してきたスマホの中でも

性能はもちろん様々な機能が増えているので紹介します。

スポンサーリンク

3種類のレンズ

前回書いた記事でも少し触れていますがXPERIA 1 IIは3種類のレンズを搭載しています。

  • 約16mm 超広角レンズ
  • 約24mm 標準レンズ
  • 約70mm 望遠レンズ

約16mm 超広角レンズ

今まで使ってきたスマホのカメラは複数レンズではなかったので

超広角レンズを初めて使った際はものすごい広さに驚きました。

景色を撮影するときはもちろん迫力が出てとてもいいのですが

狭いスペースで大きなものを撮影する際にもかなり役立ってくれます。

約24mm 標準レンズ

標準レンズはやはり何を撮るにも便利なレンズですね。

ズームを使うことで超広角寄りにも、望遠寄りにもなるところが本当に助かります。

約70mm 望遠レンズ

今までの標準レンズではどうしてもボケてしまっていたズームの域

望遠レンズであればズーム無しでここまで写せるのは超広角レンズ同様に感動しました。

おそらく今までXPERIA 1 IIで写真撮ってきて一番使っているレンズだと思います。

カメラアプリ

通常のカメラアプリの画面はよく見慣れたスマホのカメラって感じです。

画面上のシャッターボタンでも本体の物理シャッターボタンでも写真が撮れます。

右側の3つの木のマークでレンズ切り替えが行えます。

また、縦横比も変えられるので4:3や16:9、インスタ等で使いやすい1:1も選べます。

このカメラアプリではやはり構えた時点で自動認識して最適な設定で写真が取れること。

特に意識しなくてもここまで素敵な写真が撮れるので、本当にありがたいです。

Photography Pro

こちらは専用カメラアプリ”Photography Pro”の画面構成。

画面右側は様々な設定を変更できるメニュー画面が配置されており

画面左側にファインダー画面が配置されています。

シャッタースピードやホワイトバランスをファインダーを見ながら設定できるのはとても便利です。

画面左端にある”DISP"をタッチするとメモリ・バッテリーの残量や水平ゲージが表示されます。

左上の”M”はマニュアルモードのMが表示されています。

選択できるモードは全てで4種類

  • AUTO:オートモード
  • P  :プログラムオートモード
  • S  :シャッタースピード優先モード
  • M  :マニュアルモード

好みやタイミングによってかなり便利に使い分けることが出来ます。

写真の保存形式もJPEGとRAWを選択でき、JPEGとRAWを両方同時に保存することも可能です。

カメラアプリよりも様々な設定を変更出来ますが、縦横比の変更は出来ず4:3のみです。

また、写真の保存先を本体とSDカードを選択することが出来ますが

RAW形式での保存を選択した場合は本体での保存のみになります。

SONYのミラーレスを使用されたことがある方なら見覚えあるアイコンが並んでいる感じですが

私は色々と勉強しながら写真を取り続けて

食べ物もいい感じに撮れるようになり

ほぼ日が落ちたかなり薄暗い景色も納得行く写真が撮れるようになってきました。

最後に

少しずつ素敵な写真が撮れるようになるとどんどん写真を取るのが楽しくなってきますね。

今後も写真を沢山撮ってブログでお見せできるように勉強していきます。

GADGET
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました