PR

唯一無二の形 ヘルターツイスター

LURE

これからの季節は巻物をたくさん使いたくなります。

中でもスピナーベイトは根がかりにくくて

水中の状況がわからなくても巻いてこれる

非常に心強いルアーのひとつだと思っています。

今回は、スピナーベイトの中でも異彩を放っている

イマカツのヘルターツイスターを紹介します。

スポンサーリンク

スペック

  • 重量 :1/4oz、3/8oz、1/2oz

カラーチャートは10種類で、ウェイトは3種類ですね。

私が持っているウェイトは3/8ozと1/2ozのモデルです。

ブレードは4枚使用されており全てウィローリーフタイプ

サイズ同じではなくは外側が少し大きめ・内側が小さいタイプが付いています。

外側のブレードはスナップが使用されているのでブレードの交換も可能です。

カラーによって4枚すべて同じブレードカラーのタイプと

外側2枚と内側2枚でブレードカラーが異なるタイプがあります。

ブレードが付いているアッパーアームは可動式になっています。

ヘッド部分にはアゴリグハンガーが付いており

シンカーを追加することで好みのウェイトに変更が可能です。

3/8ozモデルに関しては私はシンカーを追加して

かなりヘビーにチューニングして使用しています。

1/2ozモデルは、現状はシンカーを追加せず使用していますが

今後軽めのシンカーを追加して使う可能性は高そうです。

スカートはシンプルなシリコンスカートと

フラットタイプのスカートが混ざったタイプになっています。

使用感

へルターツイスターはアッパーアームが動くので

キャスト時の空気抵抗が非常に少なくよく飛んでくれます。

飛距離が出ることはもちろんうれしいポイントですが、

不意の強風でもバックラッシュしにくいというのも見逃せません。

動きに関しては、着水直後巻かないでいるとアッパーアームが動きを遮らず

ブレードが綺麗に回転しながらフォールしてくれます。

巻き感は幅の小さなウィローリーフが採用されていることもあり軽い巻き心地です。

底を取りながらのスローロールをしても横倒れしてしまうことがなく

タマネギでの根がかり回避を目的に開発されているので根がかりの心配もほぼありません。

初場所や、底の状況が把握出来ていないフィールドで最初に使う率がかなり高いです。

さいごに

非常に特徴的な見た目をしているスピナーベイトですが

使い込んでいくとシンプルに使いやすい性能なのだとわかりました。

見た目から少し敬遠しがちな方も少なからずいるかもですが

試しにひとつ買ってみて様々な使い方をしてみると楽しいと思いますよ。

今では、スピナーベイトの中で一番頼っている心強いルアーです。

是非、手にしてみて欲しいですね。

イマカツ ヘルターツイスター 3/8oz IMAKATSU Helter Twister

価格:1,584円
(2022/8/28 10:41時点)
感想(0件)

LURE
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました