PR

硬いのに扱いやすい インスピラーレ HD-C70XHX ラピッドガンナーHD

ROD

Basserの特集でジグが再注目されており

少し前にリアクションフットボールジグを紹介しました。

しかしジグは使用するタックルが尖っている印象があります。

なので今回は私がジグに使っているロッド

インスピラーレ HD-C70XHX ラピッドガンナーHDを紹介します。

スポンサーリンク

スペック

  • 長さ   :7ft(2m14cm)
  • 重量   :145g
  • ライン  :10〜25lb
  • ウェイト :10.5〜84g(3/8〜3oz)

今江克隆プロが監修しているインスピラーレシリーズの1本です。

7ftという長さで比較的近〜中距離でのジグをメインに使用しており

対応ウェイト幅が非常に広く、私がよく使うジグはほぼカバーしてくれています。

組合せタックル

  • ロッド :インスピラーレ HD-C70XHX
  • リール :レボ オーロラ リミテッド (ギア交換により9.0:1)
  • ライン :アプロード GT-R HM 16lb

ラピッドガンナーHDに組み合わせているリールはレボオーロラです。

オーロラは13lbラインが75m巻ける少し浅めなスプールが装着されており

キャスト時の初期加速が非常に良く低弾道のままプレゼンテーションできます。

ギアがジグには少し低い6.4が使用されていたので9.0に交換をして

回収スピードとファイト時カバーに潜られないようにしています。

ラインはアプロードのGT-R HM 16lbで多少のカバーでも安心してやり取り出来るようにしています。

近距離で撃っていく使い方がメインなので量は多く巻けませんがラインが少なくて困る事はありません。

使用ルアー

  • アーキーヘッドジグ
  • フットボールジグ

ジグに使っているロッドの紹介なので当然なのですがラバージグです。

アーキーヘッドもフットボールヘッドも隔てなく使用している感じですね。

3/8ozのラバージグにトレーラーを付けていればそこそこの重量になるので

キャストの際も投げにくくなるようなことは一切なく高精度なキャストが出来ます。

感度も非常によくボトムを引いてくると底質もしっかりと判別でき

ハードボトムになった所でスローダウンして誘うような使い方にもおすすめです。

  • ライトラバージグ
  • スモールラバージグ

少し投げにくさが出てきてしまう重量ですがオカッパリで本数が絞られる時には

全然イケてしまうなと感じたライトラバージグやスモラバです。

スモラバは5gのものなのでスモラバでも最重量の部類になりますし

トレーラーも重量のある物を選び、出来る限り重量は増して使っています。

使用感

ロッドバランスが非常によく145gという数値以上に軽く感じるセッティングですね。

ロッドが届いてからラインを通さずに曲げてみたときは結構固く感じたのですが

実際にフィールドでラインを通し、ルアーを付けてみると硬かった印象は影を潜め

キャスト時もスイートスポットに余裕があるので非常に投げやすくジグロッド感が薄れます。

しかし、キャスト後にルアーを操ると感度の高さからくる水中状況把握のしやすさや

操る際にルアーの重さにティップが負けてアクションが付けにくくなることはなく

思い通りのアクションを出すことができジグロッドとしての素晴らしさが実感できます。

まとめ

価格は非常に高くなかなか購入には決心が必要なロッドです。

しかし、ジグをよく使う方やジグは好きだけれど専用のロッドだと硬すぎて扱いにくい

と少し躊躇されている方であれば価格以上に良さを実感すること間違いないと思います。

ジグロッドなのにキャストがしやすいという本当に不思議な感覚に感動しました。

今江プロはジグだけでなくビッグベイトにもこのロッドを使用することがあるそうなので

ジグロッドとしてはもちろん素晴らしいですが、今後はジグ以外のルアーも組み合わせてみたいと思います。

ROD
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました