PR

今でも現役 13メタニウム

REEL

2020年はメタニウムがフルモデルチェンジを果たすということで

横浜の釣りフェスティバルから非常に盛り上がっていますね。

私も13メタニウム・16メタニウムMGLを使っているので非常に気になっています。

そこで今回は13メタニウムについて書こうと思います。

スポンサーリンク

スペック

  • ラインキャパシティ:12lb-120m、14lb-100m、16lb-85m
  • ギア比:6.2、7.4、8.5
  • 巻取長:61㎝、79㎝、91㎝

ギア比が”ノーマルギア”、”ハイギア”、”エクストラハイギア

と3種類から選べるので非常に幅広い釣りをカバーしてくれますね。

今としてはXGはどのメーカーも取り扱っていますが

発売当初はなかなか珍しいラインナップでワクワクしたものです。

重量もXGがハンドルの長さの影響で少しNG・HGと比べ多少重いですが

持ち感やフィーリングが変わらないというのは助かります。

今年で発売から7年経っていますが、まだまだ現役で頑張ってくれているので

今回は使用しているタックルを紹介させていただきます。

組合せタックル

  • リール:13メタニウム XG Left
  • ロッド:ポイズンアルティマ 172H
  • ライン:アプロード GT-R HM 16lb

1セット目はポイズンアルティマ172Hとの組み合わせです。

16メタニウムMGLよりラインキャパシティが多く

太めのラインが巻けるのでカバー絡みのやり取りも安心できるので

特に使用しているルアーはファットイカ等の

バックスライド系ソフトベイトや空気抵抗の少ないルアーですね。

リペイントをしてるのでカラーが変わっています。
  • リール:13メタニウム XG Left
  • ロッド:ポイズングロリアス 174XH-SB
  • ライン:アプロードGT-R HM 20lb

2セット目はポイズングロリアス174XH-SBとの組み合わせです。

使用しているルアーは1oz~2oz前後(28g〜56g前後)の

スイムベイト・ビッグベイト・ジョイントベイト辺りをカバーしてます。

20lbラインを巻いているので遠投するとスプールが痩せるので

遠投よりも近~中距離でのキャストに活躍してます。

まとめ

13メタニウムは浅溝スプールや深溝スプールを使用すれば

かなりの釣りをカバーしてくれてる万能リールですよね。

タックルを持ち替えた時にもメタニウムで揃っていると

リールの重量や持ち感の違いが小さく済むのは大きな恩恵です。

そのためシマノリールはかなりメタニウムシリーズで揃えるようになりました。

13メタニウムは今後も末永くお世話になるので大切に使っていきますよ。

REEL
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました