PR

自分好みにアレンジ ルアーの再塗装 【トップコート編】

CUSTOM

非常に天気が良く塗装日和でしたので

無事にトップコートが終了しました。

では、今回も流れを紹介しています。

スポンサーリンク

トップコートを塗っていく

トップコートに関しては、特に指定などはないのですが

私は、外での使用でも安心かなという点で車用のモノを使っています。

塗り方に関しては、「下地塗装編」「本塗装編」今までと同じく

一度に厚く塗りすぎず薄く何回にも分けて塗っていくことが大切です。

TDバイブレーション

TDバイブレーションはなかなかヒビとかもありましたが

だいぶ気になりにくい状態にまでなったのではないかと思います。

ミスティ

ミスティも平らな面が特徴なのですがキズ消しの際も

平面部を崩してしまわずにキレイに修復できたのではないかと思います。

ワイルドハンチ

ワイルドハンチは少しリップ部分のくぼみが大きく

上手くとそ塗料が入るか心配でしたが無事に塗装出来ていました。

さいごに

無事、4回に渡ってお送りしてきたルアーの再塗装でした。

やはり、ラメが入っている塗装の場合は

最後のトップコートでかなりラメが目立つようになりますね。

使用する塗料によって最後のトップコートは塗らないのもアリです。

マット系にしたい場合は、絶対にトップコートを塗らないように注意しましょう。

ルアーからはまだシンナーが抜けきれていないので

しっかりと乾燥させてから新しいフックを付けて完成になります。

塗装がボロボロになってしまったり、大きな傷が付いたルアーなどあったら

とても簡単なので是非再塗装に挑戦してみてください。

CUSTOM
スポンサーリンク
シェアする
R.Oをフォローする
KingFisherGarage -カワセミガレージ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました